election blog

台湾の選挙レポート  その9  雨中の集会

更新日:

縦長の集会会場

活動会場。当日は雨だったので、屋根のおかげで助かりました。

活動会場。当日は雨だったので、屋根のおかげで助かりました。

2019年12月29日の午後はあいにくの雨。この日の選挙活動も、こちらこちらを見て、場所を調べてから行きました。場所は、MRT北投駅から歩いて10分くらいのところにある北投長安公園擴建區。富邦銀行の裏にある長細い通りのようなところが会場でしたが、上の写真のようなものがなければまず気づかないところです。

幸い、雨よけの屋根が設置された会場だったので、濡れずに済んだのですが、雨露にカメラが晒されるのを避けるため、携帯していたコンデジとスマホで撮影していました。

ここでも、余興と言いますか、アイスブレイクと言いますか、地元の人たちによるダンスや楽器の演奏などがありました。

前週同様…

詹雅雯さん。2週連続の登場です

詹雅雯さん。2週連続の登場です

詹雅雯さんと、

董事長樂團は2週連続の登場です

董事長樂團も2週連続の登場です

董事長樂團も登場し、歌を披露しました。

この時の董事長樂團に抱いていた印象は、「えらい気合入っているなぁ…」くらいの感覚でした。
選挙後にNHKの国際報道を見るまでは…

応援コンサートの合間には、来賓による演説が行われました。
上のツイートに写っていますが、屏東縣の潘孟安縣長が序盤の応援演説に立ちました。

悲しいのは、応援演説の半分近くか、それ以上は台湾語。語気や雰囲気で「たぶん、こういうことを言っているんだろうなぁ…」というのは掴めるんですが、ほとんど分からないままでした。

 

桃園市の鄭文燦市長(左)と吳思瑤立法委員(右)

桃園市の鄭文燦市長(左)と吳思瑤立法委員(右)

潘孟安縣長のあと、一人挟んで登場したのが桃園市の鄭文燦市長。鄭市長のスピーチは聞き取りやすい印象がありますが、台湾語では…という感じでした。

その後に出てきたのが、地元北投の女性楽団。女子十二楽坊のような中国の伝統楽器の演奏グループが登場して、癒しの空間を作りました。

市議会議員の応援演説がありましたが、途中でこの歌の合唱になり…

終了と同時に吳思瑤立法委員の登壇となり、演説となりました。上のツイートの写真にもありますが、見せどころの一つになりました。ただ、スピーチは台湾語の比率がやや高めで、私にとっては泣きどころの一つでもあります。

スピーチ終了後に応援に来た来賓が壇上に呼ばれ、投票の呼びかけ兼案内の儀式が行われ、用意した小道具で盛りあげました。

この後、呼ばれたのが…

> 続きを読む 

-election, blog
-, , , , , , ,

Copyright© 髙原成龍の在台湾万覚帳(よろずおぼえちょう) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.