blog

夏休みとお盆休み、台湾では? このようなお土産はいかが?

更新日:

夏休みとお盆休み

日本は今、学生さんたちは夏休み中で社会人の方はこれからお盆休みを迎えるところではないでしょうか。台北の街を見ていると、親子連れの日本人観光客を多く見かけるようになりましたが、8月11日の山の日を境に、さらに増えるような気がします。

学生たちは?

台湾も学生たちは夏休みを迎えています。

大学生は、だいたい6月下旬に期末試験を終えてから、9月中旬まで夏休みになります。この間、自身の学校で主催する高校生対象のサマーキャンプの準備に取りかかる人もいれば、アルバイト、インターンに励む方、スキルアップを図り、外国語教室などに通う方もいるようです。

小中高生は、6月30日(2018年は30日が土曜日のため、29日)に終了式7月1日から8月29日まで夏休みになります。この間に、進学する方は新生活の準備を行い、在学中の方は学習塾に通ったり、大学などのサマーキャンプに参加したり、学校によっては毎日行われる補講に出席したりするようです。

社会人は?

社会人の方は、日本同様のお盆休みはありません。
ただ、日系企業にお勤めの方は、(企業によってですが)この間が休みになる方もあるようです。それは、日本の本社が休みだと会社が本当の意味で機能しないからですが、この休みをうらやましく思う台湾人の方もいます。

その時、台湾へ赴任中の駐在員の方には留まる方もいますが、人によっては、日本へ一時帰国する方もいるようです。

ちょっと気になるお土産、マンゴービール

そして、帰国する際、どうしても用意しないといけないのが、お土産!

台湾は定番のものがたくさんありますが、最近下のものを見つけました。

台湾 マンゴービール 6本セット!

以前、飲んだことがあるので、よく覚えていますが、本当にフルーツの味がします。
ビールの苦味はほどほどに抑え、マンゴーの味がしっかり舌に残る不思議な感じを今も忘れられないでいます。

ずいぶん前に会食した際、私が酒に弱く、全然飲まないことを知っていた同席の方が「これ、ジュースみたいでビールを飲んでいる感じがしないよ、ちょっと飲んでみて!」と言われて、飲んだのですが、本当にジュースと変わらない味でした。ビール特有の苦味はフルーツの味に包まれているような感じで、缶ではなく、グラスのようなものに入っていたら「これ、本当にお酒?」と聞きたくなるくらい。それこそ何杯でも飲めるような味です。

*注意

20歳未満(台湾は18歳未満ですが)の飲酒は法律で禁止されています。詳しくはこちらをご参照ください。

日本人はみんなビール大好き? 若い世代は「ビール離れ」?

台湾では、

日本人=ビール大好き

というイメージがなぜかついています。私が、「お酒は全然飲まないですよ」というと、多くの方が驚き、「だって、日本人はビールが大好きじゃないの?」と返ってくることが多いです。
ドラマなどの影響かもしれませんが、それくらいビールにこだわりのようなものを持っている日本人が多い、ということなのかな…と思っています。ただ、そのような方の好みといえば、ヱビスビールのような麦芽とホップだけ使用したものではないでしょうか。もし、そのような方がこのビールを飲んだら、「こんなのは、ビールじゃない!」と言って怒りそうな気がします。

とはいえ、ビール離れが進む(と言われている)若い世代の方が興味本位で買って、「お土産」として持っていったら、ウケそうな気がします。また、「ビールのあの苦味が苦手なんだよね」という方がいらしたら、一度味見してみるのもいいと思います。

マンゴー以外にもグレープ、パイナップルもあり、いずれも台湾ビールが生産、販売しています。

台湾へ行かれたら、スーパーやコンビニなどで、このフルーツビールを探してみるのもいいかもしれません。台湾へ行きたくても行けない方、昔テレビでよく見た「本当は(台湾へ)行ってないけど、周りに『台湾へ行く!』と見栄を切った手前、お土産を用意しないと…」という方(今もいるのでしょうか?)、「重い荷物を持って右往左往するのは嫌だ!」という方も、今ではネットショッピングで買えるようになっているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

*注意

飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は胎児・乳児の発育に影響を与えるおそれがあります。

その他、詳しいことはこちらの「適正飲酒のススメ」をご参照ください。

 




日本&世界の名産品をお取り寄せ&お土産に【JTBショッピング】

-blog
-, , ,

Copyright© 髙原成龍の在台湾万覚帳(よろずおぼえちょう) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.